行動観察研究所

Reframe for the Future. それまで常識とされていた枠組み(フレーム)を、新しい視点・発想で前向きに作り直し、新たな仮説、新たな価値を生み出します

ブログ

 前回、群集の中では、お互いにどこの誰であるかがわからない匿名性の高い状況が生まれ、それによって、衝動的で感情にまかせた、非合理的な行動をとる傾向が高まる可能性について紹介した。具体的にはどのような行動が起こるのだろうか。こうした傾向を「没個性化(deindividuation)」と名づけた社会心理学者のジンバルドー(Zimbardo, 1969)が行っ…

 前回(「第71回 社会科学の限界」)、さらには予測が外れた場合のエラーがインフレートすることがあると書いたのだが、それについてもう少し考えてみたい。この理由として、「メカニズムを構成する要素として人間が含まれているからである」と書いたのだが、そこには、多くの人の直観レベルにおけるランダムということに対する誤解があるようである。  ランダムとは無作為とい…

 今回も今年6月に出版する「サービスデザイン」の本の中で紹介しているUXの蓄積について考えてみたい。ある刺激を受けてユーザ体験が蓄積してゆき、あるレベルを超えるとその刺激を理解できるという考え方である。交響曲や室内楽などのクラシック音楽を初めて聞くとよく分からないのが普通であろう。筆者は中学生時代からクラシック音楽を聞いてきたが、最初はよく分からなかった…

 ラッシュアワーの駅やバーゲンセールでにぎわうデパートのように、たくさんの人が集まっている群集の中にいると、知らず知らずのうちにある心理的な罠に陥ってしまうことがある。それは、「没個性化」と呼ばれる心理である。段階を追って説明して行こう。  群集の中にいると、そこにいるほとんどの人は、自分のことを「どこの誰なのか」知らないのだと感じて、匿名性が保証されて…

 心理学が社会科学なのか、それとも自然科学かどうかには議論があるところだが、少なくとも完全な自然科学ではない。特に社会心理学や環境心理学の一部は社会科学といっていいだろう。そうした研究活動に携わる中で、日ごろ感じることがある。自然科学と違い、社会科学における基礎的知見は定説化し、ある種の正しい認識として学者、研究者、あるいはそれを応用する人の間で共有され…

お問い合わせ・相談をしたい方は

06-6479-3130
【受付時間】9:30~17:30(土・日・祝を除く)

お問い合わせフォーム

行動観察研究所について、さらに詳しく知りたい方は

メールマガジン購読

行動観察研究所からの最新情報をお届けします。

資料ダウンロード

各種事例などさらに詳細な資料をご覧になりたい方はこちら。

行動観察研究所

大阪オフィス

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-10-24
三共本町ビル 地図を見る

東京オフィス

〒108-6013
東京都港区港南2丁目15番1号
品川インターシティA棟 地図を見る

Page Topお問い合わせ