行動観察研究所

Reframe for the Future. それまで常識とされていた枠組み(フレーム)を、新しい視点・発想で前向きに作り直し、新たな仮説、新たな価値を生み出します

ブログ

 アイディアの発想や思考をする際、以下の3つの方法がある。 ①観察したデータや関係する資料を収集して、帰納法的にまとめる方法。 ②ある事象に対し、観察者の持っている知識を基に仮説を推論する方法。 ③我々の生活に影響を与えている地下水脈のような潮流や様々な情報に基づいて、事象を構造的に捉え、発想、思考する方法。  通常、よく行われている方法は①の方法である…

 世界的には、自国第一主義が声高に叫ばれ、支持を集める傾向が強まっているといえるだろう。イギリスのEU離脱を決めた国民投票の結果、アメリカ大統領戦でのトランプ氏の勝利は、それを象徴する出来事といえる。オランダ下院選挙においても極右政党の自由党が第一党に躍進するのではないかと注目されていたが、こちらはそれほどの勢いを示す結果にはならなかった。とはいえ、今後…

 世の中の様々な事象・ファッション・システムに影響を与えている潮流を探るにはどうしたらよいだろうか?あるいは潮流など無く、それらの動きは不規則なのだろうか?我々は現在起きている出来事に意味を見出すのが困難であり、時間が経過してその潮流に気が付く。困難というのは、我々は出来事を理解するには、それを見る潮流に基づくフレームが必要となるからである。現在起きてい…

 ドラッグストアで風邪薬を買うと、ほぼ間違いなく「ポイントカードはお持ちですか?」とレジで尋ねられる。コンビニエンス・ストアやスーパーマーケット、書店やコーヒーショップ、航空会社等々、多種多様な小売業やサービス業で、購買金額に応じてポイント制度を取り入れるところが増えている。多くの場合、1ポイント当たり特定の金額(例えば1円)に換算され、一定数のポイント…

「きざしレポート」とは  生活者をとりまく外部環境の変化や、市場のトレンドに着目しテーマを設定。リサーチャーがテーマ周辺の事実(fact)を読み解き、そこに見え隠れする仮説を市場の「兆し」として捉えます。今回のテーマは「団塊世代の兆し」。業界の枠を超えた新たな市場機会発見やビジネス課題設定のヒントとして、ぜひご活用ください。 テーマ設定の背景  現在70…

お問い合わせ・相談をしたい方は

06-6479-3130
【受付時間】9:30~17:30(土・日・祝を除く)

お問い合わせフォーム

行動観察研究所について、さらに詳しく知りたい方は

メールマガジン購読

行動観察研究所からの最新情報をお届けします。

資料ダウンロード

各種事例などさらに詳細な資料をご覧になりたい方はこちら。

行動観察研究所

大阪オフィス

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-10-24
三共本町ビル 地図を見る

東京オフィス

〒108-6013
東京都港区港南2丁目15番1号
品川インターシティA棟 地図を見る

Page Topお問い合わせ